外国人でもお金をかりられる?安心してキャッシングするならどこ

外国人でもお金をかりられる?安心してキャッシングするならどこ

外国人でもお金をかりられる?安心してキャッシングするならどこ

冠婚葬祭や旅行や病気・怪我など突然大きなお金が必要となることはありお金を借りる必要が出てくることはあるでしょう。同様に日本に住んでいる外国人もそういった場面に遭遇することはあります。

 

収入を持たない専業主婦でもお金を借りる手段があるように、外国人お金借りるというのも決して不可能ではありません。外国人であっても日本人と同様に銀行や消費者金融のカードローンなど使うことができるのです。

 

最近は日本の会社で働く外国人の数も増えました。そのため日本人と同じように申し込み条件さえ満たせばカードローンで借りられます。

 

銀行カードローンの場合は永住許可を受けていることが前提条件であり、その中でも実際に利用できる銀行というと限られてしまいます。しかし消費者金融のカードローンの方は銀行ほど申し込み条件は厳しくありません。永住許可を受けていなくても、外国人登録証明書・在留カードで借りることができるようなところもあるのです。

 

外国人お金借りるための条件としては3つあります。
お金に関する大切な契約をする以上、日本語の能力は必要です。それも、日常会話レベルではなく契約内容をきちんと理解できて、自分で日本語で手続きできるだけの読み書き能力もないとダメです。たとえ何年も日本で暮らしており、収入面も安定していたとしても借入後のトラブルになっても困るからと申し込み自体断られることもあるでしょう。

 

日本人と同様、安定した収入があるかどうかは必要です。ただの旅行で訪れているだけだったり将来帰国する予定がある人の場合、返済してもらえない可能性があるからと貸してもらえないのです。日本人であっても就業年数1年未満の人は審査に通るのが厳しいです。外国人もある程度の期間、就労しており今後も働き続けることが証明できなければ難しいでしょう。

 

就労の問題とも重なりますが、基本的には永住許可を受けている人でないと借りることはできません。長く滞在できないのであれば借金したまま母国に帰る可能性もありトラブルの原因になるからです。ただ、消費者金融のカードローンなど中長期滞在者が外国人登録証明書や在留カードで借りられるという例外もあります。この場合、在留カードの期間がまだ長く残っているかどうかは見られます。残り期間が短い場合、旅行で来ているのと同様にすぐに母国に帰ってしまう可能性が高いためたとえ消費者金融でも審査には通ることは難しいでしょう。
自動車免許やパスポートなどの本人確認用書類と合わせて提出することが必要となります。もちろん不法入国者や旅行などでの一時的来日の人はこの時点で借入が不可能となるのです。

 

貸す側の業者としては外国人が日本でいるのであれば対処可能ですが、日本から出てしまうと借金を追うのが大変です。また、言葉の壁を理由に返済を渋られても困ります。
そのため、日本でまだいることや、契約内容を十分理解できる能力があり、分かった上で借りていることが証明できれば外国人でもお金を借りられるのです。
あとは、安定した収入があり返済能力があるかどうかを証明できればよいので日本人と審査基準は同じです。日本人専業主婦でも旦那と収入を一緒にして審査を受けたり、パートやアルバイトであっても安定した収入があるということを武器に審査通過したりしています。

 

外国人だからというだけで受付を断った場合、人種差別問題に発展しては困るので表向きはどこの会社でも受付はしてくれます。特に在日の方の場合は多くの会社で融資実績を持っています。
ただ中長期在留者の場合はほとんどの会社がトラブル回避のため融資に消極的になります。もしものときに備えて、貸してくれる会社探しをしておいた方がよいでしょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ