事業者ローン申込み

事業者ローンの申込みの流れと比較 お金借りる審査をチェック

事業者ローンの申込みの流れと比較 お金借りる審査をチェック

 

事業者ローンとは、一般的に会社経営者や個人事業主を対象としたローンで、

 

事業経営のために借りることができます。

 

とはいえ、それぞれのローン会社ごとに全く違うのが現状です。

 

銀行が行うのか信販会社が行うのか消費者金融が行うのかによっても、

 

手順や必要な書類は全く違いがあります。

 

また、カードローンとしての申し込みもできれば、

 

一定枠を借り入れして返済していくという形式のものもあります。

 

これらの違いだけではなく、ネットからの申し込みや店頭申込などによっても違います。

 

ネットから申し込みをする場合、どのやり方であってもだいたい同じ流れです。

 

まずはローンの申込みフォームに必要事項を記入します。

 

必要事項は個人情報や会社に関することなどを入力して送信します。

 

次にその内容について申込確認がなされます。

 

これは電話でかかってくることが多く、

 

また大体の場合は個人の電話と会社名義の電話に確認があります。

 

場合によっては本人確認書類や事業に関する書類を提出する場合もあります。

 

だいたいネットからの申込の場合は書類を撮影したり

 

スキャンした内容を送りますので、原本を送ることはありません。

 

企業によってはコピーを紙に印刷して指定された住所に送ることもあります。

 

その後に結果が出て、借り入れができるかどうかの通知があります。

 

借りられない場合もあれば全額借り入れができる場合もありますし、

 

一分の金額だけ借り入れができる場合もあります。

 

数日中に結果が出るものもあれば、しばらく時間がかかることもありますので、しばらく待ちましょう。

 

一方、店頭でという場合も同様です。

 

この場合は申込書類に書類を記入し、本人確認書類を提出します。

 

大体の場合は店頭でコピーをとられることが多いでしょう。

 

また、中にはこの時点で事業に関する書類を提出させることがあります。

 

これは確定申告書の控えや所得証明書、あるいは事業証明書などの様々な書類を提出することになります。

 

銀行で借りる場合は、それ以外にも事業経営計画書などのいろいろな書類を提出することがあります。

 

銀行の場合は厳しいため、提出する書類などが多くなることがほとんどです。

 

そして審査に入ります。この時は一度提出だけして数日後に連絡が来るので、このあとすぐに連絡が来ることはあまり無いでしょう。

 

すぐに連絡が来る場合は大体は電話番号がちゃんとあるかどうかの確認や本人確認のための電話、

 

会社の電話番号がちゃんとあるかどうか会社への電話番号に電話がかかってくることもあります。

 

その後審査に入り、審査結果が伝えられます。こちらも、借りたい金額をそのまま借りられるか、

 

一部だけ借りられるか、あるいは審査落ち指定遅延も借りられない場合もあります。

 

その他にも郵便で申し込みをする方法もあります。

 

これは店頭に行かなくても、申込書を書いて提出する方法です。

 

申込書や各種書類を提出するのは同じですが、郵送のためにしばらく時間がかかることが多いでしょう。

 

とはいえ結果が出るまで時間が出るかどうかと審査に通るかどうかはあまり関係がありません。

 

郵送のために少し待ち時間は長いものの、郵送だからということで

 

審査基準が変わることはないと思っておくといいでしょう。

 

これらのやり方を比較すると、やはり早いのはインターネット上での申込みとなります。

 

また、店頭申込は店頭に行かないといけないので

 

近くに借りたい事業者ローンの店舗がなければ面倒になることもあります。

 

店頭の数が多くない場合は特にインターネットからの申込の方が楽で手軽にできるということもあり、

 

ここ最近はどのローン会社でもインターネットからの手続きを行うことが多いでしょう。

 

ただ、対面して相談しながら申し込みをしやすいのは店頭です。

 

インターネットの場合も申込者向けのサポート電話口などもありますが、

 

店頭で申込みをすることで書類がまとまりやすくなったり、

 

ローンのことでわからないことがあれば相談したり対応したりしてもらいやすくなります。

 

郵送の場合は自宅でもできるひとが多く、遠くの事業者ローンに申込みたい場合などに使うことが多いでしょう。

 

ただしこれは事業者ローンの中でもあまり使われていないことが多く、

 

ここ最近はインターネットから申込む人が増えた代わりに減少傾向となっています。

 

このため、あまり特別な理由がなければ点灯化、もしくはインターネットからの申込みがいいでしょう。

 

インターネットからの申込みになると他の遠くのところにしかないローン会社や銀行、

 

あるいはネットバンクなどの事業者ローンも利用できますし、

 

いろいろ比較したり調べたりできるのも嬉しいポイントです。

 

店頭の場合はいろいろと相談したり、審査に通るかどうか不安な人が

 

対面しながら相談できるためとても安心度合いが高いのです。

 

また、そのローン会社がどういうところか会社の雰囲気などから知ることもできますから、

 

怪しいと思ったら借りないようにする選択肢も出てくるでしょう。

 

 

大口の金額を借りるには

 

大口の金額を借りるには、まずは信用がある程度ある人であればそれなりに大口融資を受けてお金借りる事も出来ますが、

 

特に個人で言えば年収や勤続年数はかなり重要視するポイントとなります。

 

法人取引での大口融資を行う事では、お金借りる状況としてやはり運転資金としても重要なポイントは、

 

経営状況など安定して行えている事がポイントとなっていきます。

 

こうした大口融資を行う状況として、銀行側としてもそれぞれ与信審査を行いながら貸付を行う流れとなり、

 

お金借りる側としてもそこでしっかりとした返済計画を立てて行く必要があります。

 

こうした兼ね合いで大口融資を受ける事からも、特に現状のゼロ金利から出来るだけ融資を行って、

 

少しでも金利を増やしていくと言った状況もあり、現在では住宅ローンなどの金利もこれまで以上に安く借入を行える様です。

 

実際にお金借りる人々も、それぞれに事情が存在していますが、銀行側としても大口融資を行える事で利益を上げるなど、

 

そこはお互いの利害関係が関わる状況となります。

 

お金借りる人々や法人としても、やはり大口融資を銀行に依頼する流れとして、

 

安心して取引が行える事などそこでより良い形での取引が期待されます。

ホーム RSS購読 サイトマップ