三井住友銀行カードローンの在籍確認は必ずある!

三井住友銀行カードローンの在籍確認は必ずある!

三井住友銀行カードローンの在籍確認は必ずある!

 

三井住友銀行カードローンで借り入れするのを決めたけど、気になるのは審査時に行われる在籍確認の事と言う人が多くいます。

 

その理由は職場の人達に借金していることがバレルのではないかというもの。

 

ですが三井住友銀行カードローンの在籍確認はどのように行われるのか、これが分かればそれほど恐れる必要はありません。

 

そこで今回は三井住友銀行カードローンの在籍確認について解説していきます。

 

 

 

まず初めに、カードローンの審査時に行われる在籍確認について説明します。

 

そもそも何故在籍確認は必要なのでしょうか?

 

 

 

その理由は申告内容に間違いがないかを確認するためです。

 

申し込みに使う申込書には自分が勤務する会社の情報を記入して申告しますが、中には嘘をつく人もいます。

 

確認もせずに融資を実行してしまえば返済してもらえず利益を得られないどころか損してしまいます。

 

そのような事にならないためにも、申し込み者が本当に働いて収入を得ているかを確かめるために在籍確認は行われます。

 

 

 

そして殆どの金融機関では電話にて確認を取ります。

 

最もタイムリーな方法と言うことが一番の理由です。

 

そのための在籍確認ということを理解すれば在籍確認を特に不安視することはありません。

 

 

 

在籍確認の必要はお分かりいただけたかと思います。

 

では、実際にどの様にして在籍確認は行われるのでしょうか?

 

上述した通り、在籍確認は電話で行います。

 

もちろん三井住友銀行カードローンでも在籍確認は勤務先に電話となります。

 

 

 

そしてこの電話が嫌だという方は非常に多いです。

 

何故なら会社名で何となく感づかれてしまうのではないかと考えているからです。

 

しかし金融機関もその点についてはきちんと配慮してくれますので安心してください。

 

 

 

まず基本的に三井住友銀行カードローンでは行名は名乗りません。

 

その時、担当した方の個人名を名乗って電話します。

 

申し込み者本人以外の第三者に借金している事実を伝えてはいけないと法律で定められていますので、

 

当然カードローンのことについて話すこともしません。

 

 

 

在籍の確認ですから申し込み者本人が電話に出られなくても構いません。

 

たまたま席を外していた、外出中で電話に出られなければ、その旨を電話で伝えてもらえれば在籍確認は終了となります。

 

 

 

電話ではカードローンの在籍確認であることは一切伝えられません。

 

「〇〇と申しますが△△さんは、いらっしゃいますか」と言った感じで電話をかけます。

 

そしてそのような名前の人が間違いなく勤めていることが分かればそれで良いのです。

 

不在だったからと言って再度電話をかけるようなことはしませんので安心してください。

 

意外に驚かれる方も多いのですが、在籍確認はあっさりと終わります。

 

時間にして1分程度と思って良いです。

 

 

 

ただ、個人情報保護の観点から会社名は名乗らず個人名でかけてくる電話に対して一切応対しない方針の会社も多いです。

 

これだと確認が取れませんので融資を受けることも出来ません。

 

もし自分が勤務している会社が個人名を名乗る電話に応対しないのであれば、事前にその旨を三井住友銀行に伝えましょう。

 

そうすれば会社名を名乗って電話してくれます。

 

銀行からの電話とバレても、それが直接カードローンバレに繋がる可能性はかなり低いです。

 

消費者金融からの電話であれば誰もが借金だと思うでしょうが、銀行では様々な商品を扱っていますから、特に心配する必要はないでしょう。

 

 

 

どうしても電話での在籍確認は避けたいという人はいるでしょう。

 

私用電話を嫌う会社もありますから、そういった場合は不審に思われる可能性が高く肩身の狭い思いをしてしまうかもしれませんね。

 

電話以外の方法で在籍確認できないか一度相談してみると良いかもしれません。

 

場合によっては書類での在籍確認を行ってくれる場合もあります。

 

ただそれはごく稀なケースですので基本的には電話確認と思ってください。

 

 

 

三井住友銀行カードローンは家に郵送物はきます!

 

 

三井住友銀行カードローンを利用する際、家族に内緒で借り入れしたいと思っている人は多いと思います。

 

内緒で借りたいと思ったのに後でカードローンを利用していることがバレてしまっては家庭内で大きな問題に発展しかねません。

 

カードローンが家族にばれる一番の原因は郵送物を見られてしまうことです。

 

 

 

どの金融機関でも中身がカードローンとバレないように配慮はしてくれますが、普段来ないようなところからの郵送物となれば怪しまれることは間違いないです。

 

自分で郵送物を受け取ることが出来れば良いのですが、仕事をしている人であれば中々そうもいきません。

 

しかも日時や時間対指定することも出来ませんので、自分よりも家族が受け取る可能性が高いのではないでしょうか?

 

 

 

この様に家族に内緒で借りるためには自宅に送られてくる郵便物をなんとかしなければいけません。

 

一人暮らしなら特に気にする必要もないですが、家族と暮らしているとなると中々そうもいきません。

 

しかし毎日のように郵送物に気を止めるのも面倒ですし、あまり得策とはいえません。

 

いっその事、郵送物が家に届くのを止められればバレないで済みそうですよね。

 

 

 

最近のカードローンは郵送物無しで契約できるタイプのものが多くなってきています。

 

三井住友銀行カードローンもその一つで、内緒で借りたいという方にオススメのカードローンです。

 

三井住友銀行カードローンに申し込みをして審査通過後に行う契約手続きを郵送かローン契約機かを選ぶことが出来ます。

 

もちろん、ここで郵送を選んでしまえばアウトですが、ローン契約機を選べば家族に内緒にすることが出来ます。

 

ローン契約機に行く際は身分を証明できる書類を持参して行きましょう。

 

 

 

三井住友銀行内にローン契約機は設置されています。

 

実は、三井住友銀行のローン契約機は同グループである消費者金融のプロミスの手続き時にも使用できます。

 

ローン契約機と聞くと操作が難しそうと身構えてしまう方もいますが、タッチパネル式で非常に簡単です。

 

もし分から無いことがあれば電話が設置されていますのでオペレーターと会話しながらの操作も可能です。

 

契約が完了するとその場で契約書類とローンカードが発行されます。

 

これで自宅に郵送物が届くことはありません。

 

 

 

契約後に何か郵送物が送られてくるのでは?と心配される方もいます。

 

ですが通常通りATMで利用している分には明細書が送られてくることもありません。

 

三井住友銀行カードローンならWEB上で詳細チェックもできるので安心です。

 

 

 

既に三井住友銀行に普通預金口座をお持ちであれば、ローン契約機に行かずして契約が可能です。

 

借り入れも返済もお持ちのキャッシュカードで出来ますのでローンカードの発行も必要ありません。

 

これなら普段利用している銀行のキャッシュカードを利用して借り入れできて尚且つ自然ですから家族バレの心配も無いです。

 

 

 

上記の方法で郵送物無しで借り入れできたとしても、返済が滞ってしまうと督促の手紙が届く場合があります。

 

三井住友銀行カードローンの約定返済日は毎月5日・15日・25日・末日の中から選択できます。

 

指定した期日を過ぎても返済しないでいると三井住友銀行から督促状が送られてきてしまいますので気をつけましょう。

 

1,2日程度の遅れであれば、まずは契約者本人に電話連絡が行きます。

 

自宅ではなく携帯電話が優先されますので安心してください。

 

そこで何時までに入金できるかの確認を取られますので、ハッキリと伝えるようにしてください。

 

そして、指定日を過ぎても入金の確認が取れなければ督促状が送られてきます。

 

うっかり返済を忘れていた場合でも督促状は送られてきてしまいますので、確実に返済するためにも口座振替での返済をオススメします。

 

 

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ