オリックス銀行審査在籍確認の特長と損害金について

オリックス銀行審査在籍確認の特長と損害金について

オリックス銀行審査在籍確認の特長と損害金について

オリックス銀行審査在籍確認の特長と損害金について

銀行から借りた時には、もちろん返す事になります。そして返す締め切りがありますので、ちょっと注意が必要です。

 

例えば毎月20日に返す事になっているとします。

 

その際にはもちろん20日に間に合わせる必要があるのですが、たまに遅れてしまう方もいらっしゃるのですね。

 

では遅れてしまった時にはどうなるかというと、手数料がちょっと高めになってしまいます。普段であれば手数料が年間18%だとします。

 

ところが遅れてしまいますと、それが20%になる事があるのですね。

 

いわゆる遅延金ですね。年間2%という数字は案外と大きいので、遅れないように気をつけたいものです。

 

ところでオリックス銀行カードローンには、その手数料に関する特徴があるのです。

 

この銀行の場合は、遅延時の手数料はプラス2.1%になります。

 

そしてそのような手数料になっている銀行は、実は意外と珍しいですね。

 

たいていの銀行は、損害金は19%台と設定されているのです。ところがこの銀行の場合はプラス2.1ですので、状況により損害金が少々低めになる事があるのですね。

 

例えば現在の手数料が10%になっている時には、12.1%といった具合です。

 

ちなみに12.1という数字は、数ある銀行の中でもかなり低い方です。

 

つまり状況によっては遅延時の手数料が低めになるのが、この銀行の特長の1つですね。

 

ただそうは言っても、やはり遅れないのが一番です。遅れてしまいますと情報が登録されてしまう事もありますので、締切りを守るようにしたいものですね。

借り入れ人の所得の安定度が重視されるオリックス銀行

オリックス銀行審査在籍確認の特長と損害金について

オリックス銀行から借りる為には、確認手続きが必要になります。

 

借りる為にはまず申し込みのデータを送信する事になるのですが、そのデータを受け取ったオリックス銀行は、様々な情報確認を行う訳ですね。

 

そして確認した結果、何も問題がなければこの銀行から借りる事ができる訳ですが、もしも問題があればお断りになります。

 

他の所のキャッシングでも確認があるのですが、オリックス銀行もそれは同じですね。

 

ではどのような基準で確認をするかというと、所得の安定性です。基本的に安定している方が、借りやすい傾向があるのです。

 

例えばAさんという方の場合は、毎月の所得が18万で安定しているとします。

 

ところがBさんの場合は、18万、12万、30万と24万という状況になっているとします。

 

AさんとBさんを比べれば、Aさんの方が有利ですね。所得が安定的であり、Bさんのように不安定になっていないからです。

 

ちなみにBさんの場合は、Aさんに比べると平均所得も高めですね。

 

ですがオリックス銀行の場合は所得の高低というよりも、むしろ安定性を重視するのです。ですのでAさんの方が有利なる訳ですね。

 

ちなみにその所得だけが、唯一の基準ではないです。他にも色々基準はあるのですが、この銀行の数ある基準の中でも、上記の所得は優先順位は上の方です。

お金借り入れ限界額がかなり高めなオリックス銀行

カードローンの申込をしますと、必ずと言って良いほど限界額を決定する事になります。

 

その名前の通り、借りる事ができる限界を指します。

 

例えば限界が300万円と設定された時には、299万や300万などで借りる事ができるのですね。

 

しかし301万円以上の金額で借りる事ができません。

 

限界値が300と設定されているからです。

 

ちなみにその金額は、いわゆる限度額という表現が用いられるケースも多いですね。

 

ところで限界額は、各会社によって色々異なるのです。

 

会社Aの場合は最大300万ですが、会社Bの場合は500万などの具合ですね。

 

そして多くの資金を借りたいと思う方も中にはいらっしゃるのですが、

 

その場合は会社Bの方が妥当という事になります。

 

ところでオリックス銀行は、その限界額に関する特徴があります。

 

数ある銀行の中でも、かなり高めに設定されているからです。

 

現在この銀行の場合は、最大は800万になります。

 

他の銀行の場合、もう少し低めなのですね。

 

500万に設定されている銀行が多い中、オリックス銀行はかなり高めな会社と言えるでしょう。

 

日常生活では、稀に大きな買い物が発生する事もあり得るものです。

 

オリックス銀行は限界額がかなり高めですので、とても頼もしいと言えるでしょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ